NO.7 Webマーケティング支援:実務従事実習3日目

皆さま、こんにちは。
11月期実務従事参加者の中島です。

11月11日(土)は実務従事実習の3日目でした。
この日はまず事業者インタビューの内容の認識の相違がないかを確認、その後、提案内容の方向性を整理…と進めていきました。

方向性の整理にあたって、まず着手したのはターゲットの絞り込みです。
Webに限らず中小企業のマーケティングにおいては、本当に狙うべきターゲットを絞り込むことが重要になりますが、支援先事業者の提供するサービスの特性からか、様々なターゲット層が想起できました。
ディスカッションに使用したホワイトボードいっぱいにターゲット層のキーワードが並んでしまったのですが、平阪先生からも適宜助言を受けつつ、ターゲットの狙い定め方、及び、狙うべきターゲットのイメージを少しずつ具現化していきました。

個人的にはこのアイデアや意見、気付きを一気に発散させて、狙いに向けて収束していく、という過程が大好きなのですが、この3日目の実習もご多分に漏れず、とても楽しく刺激的な時間となりました。
初めて接する業界に、普段の仕事とは異なった経験を積んできたメンバーとディスカッションした3時間強(ノンストップでした!)は、大変ながらもとても充実した時間でした。
また、議論が煮詰まった際の平阪先生からのアドバイスは、まさに「渡りに船」でした。停滞してしまった議論を一気に加速させる力。私も今後、中小企業診断士として活動していくにあたって、ぜひ身につけたいと切に思いました。

さて、次回はいよいよ設定したターゲットに向けた戦略のすりあわせと戦術の策定…と進めていきます。
準備するにあたっては議論した内容を基に、「ペルソナ」をしっかりイメージして軸がぶれないよう進めていきたいと思います。

Webマーケティング

 
 

CFJの実務従事サービスのお知らせメルマガ

メールアドレスをご登録いただきましたら、最新の案件情報を真っ先にお知らせいたします。
ぜひメールマガジンにご登録ください。
※必要事項を入力後【送信】ボタンをクリックしてください。